“スマホ 比較 windowsXPも廃止になってしまった “

Filed Under (未分類) by admin on 21-02-2016

スマホ比較して今、購入すべきアイテムは一体なんなのでしょうか。

windowsXPを自慢げに購入していた人たちも結構痛い目を食らってしまったのではないでしょうか。windowsXPは、良かれと思って購入したのです。しかし、windowsXPはすぐに終了してしまい、全然良かれではありません。windowsXP以外のものを購入していれば、再び購入しなければならないという二度手間は回避することが出来たはずです。

そして、今、スマホ比較で用心しなければならないのは、3G回線もやがて、windowsXPと同じ目に遭う可能性が高いと言うことです。3G回線に当たり前に信頼仕切っていたみなさん、3G回線は、水道水でもありませんし、電気でもありません。そんな呑気な眼差しで見つめていてはいけないものだったのです。

今時、ならば、3G回線のスマートフォンなんて販売しないでしょという思いも間違いです。格安SIMフリースマートフォンなど
を購入すれば、未だ3G回線もあります。

photowindowsXP_zpsyziy1kbe.jpg

スマホ音楽売上の実績

Filed Under (未分類) by admin on 14-02-2016

今では、スマホでの音楽配信サービスが充実しています。
たくさんの会社で、音楽も聞き放題となっていて、利用をしている方も増えてきているでしょう。
若い子は特に、音楽が聴き放題なんて分かると利用をしたくなるものです。
若い時というのは、音楽ばっかり聞いていたと思いますね。
今の時代は、CDをレンタルしなくても、気軽にスマホで聞く事ができるのでいいものです。

そんな音楽配信サービスなのですが、今年昨年の売り上げを上回ったそうです。
昨年よりも、やはりこの音楽サービスが広まってきているのかなと言う事を実感します。
1000円ほど月額料金を支払えば、本当に音楽が聞き放題ですから、すごいと思ってしまいます。

しかし、今の時代はCDが売れない時代だと言う事もあり、このサービスが広まる事で、音楽関係の方はちょっと苦しい思いをしたりもするのかなと感じてしまいます。
本当に、私もCDは購入をしなくなりました。
スマホで音楽を購入してダウンロードばかりを利用しています。
これから、音楽業界もCDをどのようにして売っていくのかが、本当に考えなくてはいけない部分になってきそうですね。
音楽も聞き放題となると、音楽の売上などもどのような仕組みになっているのかも気になります。

photo2_zpswsa8age2.jpgスマホバッテリーの基本

電池に負担をかける「5つのNG行為」

Filed Under (未分類) by admin on 11-02-2016

iPhoneで使える「バッテリーセーバー」。充電しながらアプリを開くと、フル充電までにかかる時間が予測できます。充電がなくなりやすいスマホです。充電コードに接続しながら使ったり、外出時にモバイルバッテリーを持ち歩くなどの対策を講じている人も少なくないでしょう。ところが、そんなちょっとした行為がスマホの電池に負担をかける場合があるのだそうです。そんなバッテリーが傷んでしまうNG行為とは・・。
<電池に負担をかける5つのNG行為>
NG行為① 一日中充電し続ける
NG行為② フル充電状態のまま、さらに充電を続けながら動画を見る、ゲームなどをする
NG行為③ 温度が高い場所に置いておく
NG行為④ 頻繁に充電してしまう
NG行為⑤ 急速充電器を使っている
これら5つのNG行為は、ついやってしまいがちなものばかりですが、その理由は大きく3つに分かれるということです。
「1つめは、“過充電”。現在のスマホに採用されているリチウムバッテリーは、フル充電された後も充電を続けてしまう。結果、バッテリーが劣化しやすいのです」「2つめは、“バッテリーの高温化”。バッテリーは、化学変化を起こして電気を作り出しています。高温になると化学変化に影響が及んでしまい、劣化が進みやすくなります」「“細かい充電と放電を繰り返す行為”。前述のように、バッテリーは化学変化で電気を作り出しているため、短いスパンでこれを繰り返すと負荷が高くなり、劣化が早まるのです」。

3カ月で参入可能なL2接続型MVNOプラットフォームサービス

Filed Under (未分類) by admin on 05-02-2016

MVNO構築事業者のレンジャーシステムズは15日、「レイヤ2接続型MVNOプラットフォームサービスです。わくわくモビリティ」(以下、わくわくモビリティ)の提供を開始した。3000万円程度の初期投資と、3カ月程度の期間でMVNO参入できるとしているのです。「わくわくモビリティ」は、ユーザー数に応じた月額課金方式を採用していて、従来の10分の1程度の構築費用と、約3分の1のリードタイムでMVNO参入を可能にしたプラットフォームサービスです。MNOと直接接続に必要な設備はレンジャーシステムズが事業者ごとに占有で貸し出して、接続回線帯域はMVNEから借用する仕組みなのです。本サービスを使ったSIM再販型モデルだけでなく、急増が見込まれるM2M市場向けに、より低コストで運用できるモデルも用意しています。プラットフォームは、コンテンツアプリとの連動や会員向けプレミアムサービスから、通信コストの削減やセキュリティの強化といった企業向けサービスまで、柔軟に対応した設計だということです。さらに会員管理、SIM開通・発送、カスタマーサポート、コンテンツサービス、動画配信などのサービス提供も計画しています。レンジャーシステムズは同サービスを今後1年間に15社、3年後には50社への導入を予定するということです。
スマホのカメラはコンデジにとって変わるか?

3カ月で参入可能なL2接続型MVNOプラットフォームサービス

Filed Under (未分類) by admin on 05-02-2016

MVNO構築事業者のレンジャーシステムズは15日、「レイヤ2接続型MVNOプラットフォームサービスです。わくわくモビリティ」(以下、わくわくモビリティ)の提供を開始した。3000万円程度の初期投資と、3カ月程度の期間でMVNO参入できるとしているのです。「わくわくモビリティ」は、ユーザー数に応じた月額課金方式を採用していて、従来の10分の1程度の構築費用と、約3分の1のリードタイムでMVNO参入を可能にしたプラットフォームサービスです。MNOと直接接続に必要な設備はレンジャーシステムズが事業者ごとに占有で貸し出して、接続回線帯域はMVNEから借用する仕組みなのです。本サービスを使ったSIM再販型モデルだけでなく、急増が見込まれるM2M市場向けに、より低コストで運用できるモデルも用意しています。プラットフォームは、コンテンツアプリとの連動や会員向けプレミアムサービスから、通信コストの削減やセキュリティの強化といった企業向けサービスまで、柔軟に対応した設計だということです。さらに会員管理、SIM開通・発送、カスタマーサポート、コンテンツサービス、動画配信などのサービス提供も計画しています。レンジャーシステムズは同サービスを今後1年間に15社、3年後には50社への導入を予定するということです。
スマホのカメラはコンデジにとって変わるか?

3カ月で参入可能なL2接続型MVNOプラットフォームサービス

Filed Under (未分類) by admin on 05-02-2016

MVNO構築事業者のレンジャーシステムズは15日、「レイヤ2接続型MVNOプラットフォームサービスです。わくわくモビリティ」(以下、わくわくモビリティ)の提供を開始した。3000万円程度の初期投資と、3カ月程度の期間でMVNO参入できるとしているのです。「わくわくモビリティ」は、ユーザー数に応じた月額課金方式を採用していて、従来の10分の1程度の構築費用と、約3分の1のリードタイムでMVNO参入を可能にしたプラットフォームサービスです。MNOと直接接続に必要な設備はレンジャーシステムズが事業者ごとに占有で貸し出して、接続回線帯域はMVNEから借用する仕組みなのです。本サービスを使ったSIM再販型モデルだけでなく、急増が見込まれるM2M市場向けに、より低コストで運用できるモデルも用意しています。プラットフォームは、コンテンツアプリとの連動や会員向けプレミアムサービスから、通信コストの削減やセキュリティの強化といった企業向けサービスまで、柔軟に対応した設計だということです。さらに会員管理、SIM開通・発送、カスタマーサポート、コンテンツサービス、動画配信などのサービス提供も計画しています。レンジャーシステムズは同サービスを今後1年間に15社、3年後には50社への導入を予定するということです。
スマホのカメラはコンデジにとって変わるか?

3カ月で参入可能なL2接続型MVNOプラットフォームサービス

Filed Under (未分類) by admin on 05-02-2016

MVNO構築事業者のレンジャーシステムズは15日、「レイヤ2接続型MVNOプラットフォームサービスです。わくわくモビリティ」(以下、わくわくモビリティ)の提供を開始した。3000万円程度の初期投資と、3カ月程度の期間でMVNO参入できるとしているのです。「わくわくモビリティ」は、ユーザー数に応じた月額課金方式を採用していて、従来の10分の1程度の構築費用と、約3分の1のリードタイムでMVNO参入を可能にしたプラットフォームサービスです。MNOと直接接続に必要な設備はレンジャーシステムズが事業者ごとに占有で貸し出して、接続回線帯域はMVNEから借用する仕組みなのです。本サービスを使ったSIM再販型モデルだけでなく、急増が見込まれるM2M市場向けに、より低コストで運用できるモデルも用意しています。プラットフォームは、コンテンツアプリとの連動や会員向けプレミアムサービスから、通信コストの削減やセキュリティの強化といった企業向けサービスまで、柔軟に対応した設計だということです。さらに会員管理、SIM開通・発送、カスタマーサポート、コンテンツサービス、動画配信などのサービス提供も計画しています。レンジャーシステムズは同サービスを今後1年間に15社、3年後には50社への導入を予定するということです。
スマホのカメラはコンデジにとって変わるか?