第一次産業+dの挑戦と、社員参加型の取り組み

Filed Under (未分類) by admin on 28-04-2016

2015年度は産業振興・地方創生を目指し、+dの取り組みを実施。宮城県東松島市の牡蠣・海苔養殖漁場では、モバイルとICTを活用した実証実験を開始したことを発表しました。養殖業において、海水温は品質を左右する重要な要素だということです。そこで海上に浮かべるブイに水温センサーと通信機能を搭載し、データをドコモのクラウドサーバにアップ。水温の情報をスマートフォンのアプリからリアルタイムで把握できる仕組みを地元企業と協力して開発、実験していきます。漁業従事者がスマートフォンやタブレット端末からアプリを介して、水温管理できるよう目指します。これまで漁師の勘や経験に頼ってきた技術を、ICTによって可視化し、収穫量と品質の安定化につなげていくものです。さらには「漁業における所得を向上させ、“スマートでかっこいい漁師”として、魅力的な職業にしていく」(東北復興新生支援室の佐藤一夫氏)ことを目指すといっています。ドコモ社内の施策としては、ドコモとグループ社員による「東北応援社員募金」で支援してきた。2016年4月1日からは寄付先となる自治体を募集することを発表しました。募集期間は2016年6月30日までで、1件あたり最大1000万円の寄付を行う予定です。
 

” スマホ性能 iPhoneよりXperia”

Filed Under (未分類) by admin on 21-04-2016

スマホおすすめは、SONY Xperia Z5 Compact SIMフリーです。iPhoneがいいという人たちはiPhoneの呪縛よりなかなか抜け出ることができないようですが、SONYがいいという人たちも、最近結構多いですよ。

SONY Xperia Z5 Compact SIMフリーは、オクタコアCPUのクアルコム Snapdragon 810 MSM8994を搭載しています。動作、速度はいたって軽快と思います。

オクタコアCPUのクアルコム Snapdragon 810 MSM8994は実際に発熱問題があるようです。しかし、 Xperia Z5では、ヒートパイプを1本から2本に増やしたことによって、これら問題はクリアしたかのようにも見えます。

電源ボタンと一体化した指紋認証機能、世界最速0.03秒のオートフォーカス、f値2.0広角24mmの2300万画素のカメラ、ハイレゾ再生とノイズキャンセリング機能の両立、MP3圧縮音源でもハイレゾ相当のサウンドにアップスケーリングが可能、LDACで従来の3倍の転送量を実現しワイヤレスでも高音質再生、ヘッドホン認識機能で音質自動調整できたり。ねっ、やっぱりXperiaがすごいでしょ?

「モバイルSuica」などの「おサイフケータイ」機能搭載。一部非対応のサービスも

Filed Under (未分類) by admin on 14-04-2016

arrows M02はSIMフリーのスマホとして数少ない、FeliCa対応おサイフケータイを備えています。現状では、一般的なSIMフリースマホでもNFCを搭載した機種はいくつかありますが、FeliCaに対応した機種は珍しく、その点もarrows M02の売りではないでしょうか。モバイルSuicaを設定。今回はまずモバイルSuicaを設定してみました。別のスマートフォンから機種変更手続きを行って、arrows M02で初期設定を行うと、無事に移行が完了しました。この状態でJRの自動改札を通ると、ちゃんとSuicaとして使うことができました。おサイフケータイ機能の中でも多くの利用者がいるサービス。SIMフリースマホへ移れない理由の1つにも挙げられることがあるので「待っていた!」という方もいるのではないでしょうか。「dカード」「cashbee」「nanaco」アプリを検証。続いてドコモ独自で提供しているサービスについて、arrows M02で使用できるか検証しました。spモード契約のSIMカードを挿入して、dカードアプリを立ち上げましたが、エラーが発生して使用できませんでした。また、ドコモ向けcashbee(韓国版おサイフケータイ)も同様に、アプリのインストールはできるものの、立ち上げると非対応の表示が出ます。docomoIDと紐づけのあるサービスは、おサイフケータイであっても利用できないようです。しかし、このサービス自体、ドコモと契約しているユーザに向けたものですので、当然といえば当然の結果であると言えます。

Surfaceと周辺機器同時購入でキャッシュバックするキャンペーンを開始

Filed Under (未分類) by admin on 11-04-2016

Surfaceと周辺機器同時購入でキャッシュバックするキャンペーンを開始しました。日本マイクロソフトは10日、今春から大学生になる「新・大学生」を応援するため、「non-no」(ノンノ)と「Men’s non-no」(メンズノンノ)とコラボレーションするWebマガジン「College Hack! powered by Surface」を中心としたキャンペーンを展開します。その一環として、Windwos 10搭載タブレット「Surface」シリーズとアクセサリーの同時購入でキャッシュバックを行うキャンペーンを、4日より開始するとのことです。キャッシュバックキャンペーンは、「Surface 3/Pro 4/Book」と対象の周辺機器を4月3日までに購入して、キャンペーンに申し込むと、指定した銀行口座にキャッシュバック額が振り込まれるというものです。対象となる周辺機器は、キーボードとカバーが一体化した「タイプカバー」、スタイラスペン「Surfaceペン」、ドッキングステーション「Surface ドック」です。同じ「Surface」シリーズでもストレージ容量やWi-Fi/4G LTEモデルの違いでキャッシュバック額が異なり、同時購入する組み合わせは指定されています。また、短期大学や大学院を含んだ大学、専門学校に籍を置いている学生や、4月に進学・卒業見込みの高校生は、キャッシュバック額がアップします。
 ドコモのスマホで、サクサク快適スマホライフを! | Galaxy

UPQ、Android 6.0+5型HD液晶搭載のSIMフリースマホ「UPQ Phone A02」を発表

Filed Under (未分類) by admin on 07-04-2016

UPQ(アップキュー)が、SIMフリースマホの新製品「UPQ Phone A02」を発表しました。Android 6.0や5型のHD液晶を搭載しています。「UPQ Phone A01X」の新色も追加するとのことです。UPQ(アップキュー)は2月29日、SIMロックフリースマートフォンの新製品「UPQ Phone A02」を発表しました。価格は1万7500円(税別、以下同)で、2016年5月の発売を予定しています。UPQ Phone A02は、Android 6.0を搭載予定のLTE対応スマートフォンです。カラーはblue x greenとnavy & redの2色でディスプレイは5型のHD(720×1280ピクセル)で、800万画素カメラを搭載します。バッテリー容量は2000mAhということです。4G/3G/GSM対応のmicroSIMスロットを2つ搭載していて、日本のSIMカードと海外のSIMカードを同時に挿して利用できます。LTEはBand 1(2100MHz)、3(1800MHz)、6(800MHz)、19(800MHz)、28(700MHz)をサポートしています。あわせて、ローエンドスマホ「UPQ Phone A01X」に新色の「NRホワイト」「NRブラック」を追加します。いずれもUPQの第2弾製品群のテーマカラーである「navy & red」が使われています。既存製品と同じくビックカメラやヨドバシカメラで販売するとのことです。