“U-NEXTがドコモ光のISP一体型プラン「U-Pa! for ドコモ光」提供開始 “

Filed Under (未分類) by admin on 18-07-2016

U-NEXTは、NTTドコモが提供する「ドコモ光」のISP一体型サービスのプロバイダーとして、「U-Pa! for ドコモ光」の提供を開始しました。「U-Pa! for ドコモ光」は、「ドコモ光 タイプA」の提携プロバイダーとして提供されています。「ドコモ光 タイプA」はインターネットサービスプロバイダー(ISP)料金と光回線の利用料がセットになっていて、2年契約の場合、戸建てプランは月額5200円(税抜、以下同)、マンションプランは月額4000円となっています。契約事務手数料は3000円で、新規契約の場合は、工事費の代表的な例として、戸建てが1万8000円、マンションで1万5000円が必要となります。光回線としての速度は最大1Gbps(理論値)で、ドコモのスマートフォンとセットで利用する「ドコモ光パック」などの割引なども用意されています。「U-Pa! for ドコモ光」では特典として、映像配信サービス「U-NEXT」の1000円分のギフトコードがプレゼントされます。また、クラウド上に写真などのデータをバックアップできる「AOSBOX cool(U)」が最大12カ月間、無料で利用でき、「AOSBOX cool(U)」に加入したユーザーはエレコム製の無線LANルーターも無料でレンタルできます。

iPhone上でAndroid OSが動作する!?魔法のケース登場

Filed Under (未分類) by admin on 15-07-2016

iPhoneとAndroid搭載スマホ…機種変する時など、どちらにしようか迷った経験はないでしょうか?どちらも長所があれど、結局はどちらかを選ばなければいけません。私は迷いに迷ってiPhoneにしましたが…Androidも捨てがたいことは変わりありません。ところがなんと!iPhone上でAndroid OSが動作するという“魔法のケース”を製作した技術者がいるというニュースが入ってきました!この技術者というのは、以前にアップルウォッチでウィンドーズ95を動作させたことがあるという業界では有名な方なのだそう。そんなスゴ腕技術者であるNick Leeさんが、この“魔法のケース”を製作し、デモンストレーションを公開したのです。3Dプリンタで作成したケースの中には、最新OS『Android Marshmallow』が収められている基板と電源回路、バッテリーが搭載されています。ちなみに『Android Marshmallow』は、Android Open Source Projectとして公開されているらしいですよ。さらにケースには、USBポートやHDMI、SDカードスロットなども設けられています。このケースにiPhoneを嵌め、予めインストールしておいた『TENDIGIアプリ』を起動すれば…あら不思議!本当にiPhone上でAndroid OSが動作するのです。何の問題もなく、純正アプリやブラウザ起動、ストアに接続したりできるそう。この“魔法のケース”があれば、iPhoneとAndroid搭載スマホ、どちらにしようか迷うことがなくなりそうですね!

スマホフィルムの比較をしてみたら

Filed Under (未分類) by admin on 11-07-2016

スマホを使っている人では、多くの方が液晶保護フィルムを使っている人が多いと思います。
新しくスマホを購入した場合、やっぱり画面を傷付けたくありませんよね。
そんな時に、しっかりと液晶保護フィルムを付けていけば傷を付けることなく使用ができます。
画面も液晶保護フィルムがないと、結構傷が付きやすくなるので注意をしたいです。
最近では、100円ショップでも、スマホ関連の商品が充実してきています。
スマホカバーや液晶保護フィルムなどが販売されています。
携帯ショップなどで、液晶保護フィルムを購入しようと思ったら、結構高かったりするので、つい100円ショップでといった感じになってしまいます。
スマホのフィルムの比較をしてみると、やっぱり違いもありそうです。
100円ショップのフィルムで気になるのは、きちんと気泡が抜けないといった所があるような気がします。
やっぱり高機能フィルムの場合は、キレイに張り付けができる所もあります。
後は、衝撃吸収にもちょっと違いがあるような気がしますね。
やっぱり何か衝撃があった場合、100円ショップのものもいいのですが、高機能フィルムに比べると低いような気がします。
1度100円ショップのフィルムで画面が割れた事があります、、、、
やっぱり価格だけの事はあるのかなと思ってしまいますね。

ドコモ、6月1日から「ネットワーク利用制限」の対象を拡大

Filed Under (未分類) by admin on 09-07-2016

6月1日から、分割払いの期間中は、ネットワーク利用制限が「△」の表示になります。分割払いで購入した端末も△の表記になるということです。これは転売などを目的とした不正契約を防止するためです。NTTドコモは、同社携帯電話の「ネットワーク利用制限」の対象を6月1日から拡大すると発表しました。ネットワーク利用制限とは、携帯電話の製造番号(IMEI)をドコモ側のシステムで登録することで、通話やデータ通信の利用を制限する機能のことです。ドコモは、盗難や詐欺などの不正行為で手に入れた携帯電話が「振り込め詐欺」などの犯罪に利用されることを防ぐために、該当端末に対しネットワーク利用制限を実施しています。転売などを目的とした不正契約を防止するため、6月からは、分割払いなどを利用して代金滞納となる恐れがある期間中(分割払いの期間中)の端末や、代金滞納となった端末は、ネットワーク利用制限の状態が「△」となります。△の状態でも問題なく利用はできるのですが、ネットワークの利用が今後制限される可能性があります。ネットワークの利用が制限されると「×」の表記になり、いわゆる「赤ロム」と呼ばれる状態になるのです。今後、残債が支払われないとドコモが判断すると、×の状態になり、ネットワークの利用が制限されます。一度ネットワークの利用が制限されると、解除できないので注意したいところです。
 

デザインを一新

Filed Under (未分類) by admin on 08-07-2016

ASUSから先月30日にZenFone 3が発表されたそうですね。このスマホの特長としては、スマホのデザインを一新したこと。ZenFoneシリーズってユーザーが3,000万人以上いるそうで、しかもシリーズ登場から2年しか経過していないとのこと。そのため、こお流れに乗ろうと矢継ぎ早に新機種を発売しているそうなんですね~。

これまでのZenFoneシリーズのデザインは「筐体に樹脂を使い、丸みを帯びた形状」ということがポイントにあったそうですが、新しく発表されたZenFone 3ではデザインを一新されフルメタルのボディとなると。樹脂からメタルというとすっごく洗練された印象ですよね。Appleでは本体ケースが来年発売と言われる新機種ではガラス素材と噂されているようですが、スマホを形作る素材って結構ポイントになるんもんなんですね^^

確かにフルメタルだと洗練されカッコイイ感じ、ガラス素材だと軽やかさや透明感を感じますが、私的に最もポイントになるのはスマホ全体のデザイン、そしてカラーですかね~^^そう言われると、周りの男性は確かにスマホの素材や軽さ、角の形状などに関心がありますね!そうそう。そして女性はそんなこと関係なくカラーのみです、私の周りは^^