“Xperia XZ Premiumのカメラは高画質だが、映像のゆがみが気になるポイント “

Filed Under (未分類) by admin on 25-08-2017

Xperia XZsとも共通ですが、積層型CMOSセンサーを採用した4Kカメラも、この機種の大きな特徴です。メモリ積層型CMOSセンサーとは、画素と回路の間にメモリを入れることで、データの書き込み速度を上げる技術のこと。ソニーのイメージセンサー部門が、これを開発しました。Xperia XZ Premiumでは、速度が上がることを活かして、「先読み撮影」と「超スローモーション動画」の2つを実現しています。先読み撮影は、動いている被写体を認識すると、シャッターを押す前から自動的に記録を始める機能で、画素と回路の間にメモリがあるため、そこにあらかじめ映像を記録しておけるというわけです。実際に先読み撮影を試してみましたが、撮影されていることを意識してくれない赤ちゃんのような被写体だと、特に効果が高いのです。先読み撮影があったおかげで、何度も撮り直しせず、きちんと正面を向いている写真を撮ることができました。一方で、赤ちゃんを撮ったときには、先読み撮影が有効になることと、ならないことがあります。明確な違いは分からないのですが、改めて撮った写真を確認してみたところ、2回に1回は先読み撮影が有効にならず、横を向いた写真になってしまっています。閾値を緩めにすると、無駄に先読み撮影ばかりになってしまうおそれもありますが、ある程度ユーザー側が設定できるとうれしいと感じました。

声で操作できるとなにが可能になる?

Filed Under (未分類) by admin on 23-08-2017

すでに開発競争が激化している音声認識デバイスの分野ですが、実際に声で操作ができるデバイスが浸透することで私たちの生活はどのように変わるのでしょうか。一つは、音声による操作の一元化があります。私たちの部屋を見回してみると、エアコン、テレビ、照明といったように、それぞれの機器に特化したリモコンが複数あるのですが、こうした機器がひとつの音声認識デバイスで操作できるようになれば、まずはリモコンが不要になるのです。また、いままではテレビはテレビ、HDDプレーヤーはHDDプレーヤーといったように個別に操作していた機器がすべて連動することも可能になります。「さあ、映画をみるよ」と声を上げるだけで、テレビが自動的にオンになり、プレイヤーが映画を選ぶと、照明がその内容に合わせた雰囲気に調整され、スピーカーはテレビの前にいる家族の場所を認識して音響空間を作り出すのです。それらすべてが、ユーザーが意識せずに自動的に行われるということです。こうしたホーム・オートメーションは、単純な便利さだけにとどまらず、たとえば介護分野での自立支援といった面でも期待されています。キーボードが消え、声が操作の主役となるということは、ユーザーがコンピューターやその操作に精通していなくても動かせるということなのです。

スマホカメラがあればこれからカメラも不要に

Filed Under (未分類) by admin on 12-08-2017

スマホカメラがあればある程度綺麗な写真を撮影する事は難しくありません。
今はスマホカメラがれば普通のカメラなんて不要と考える人が多くなってきています。
最近デジカメなんかを持ち歩く方が結構珍しかったりするかもしれませんね。
スマホカメラについてのアンケートで、スマホカメラがあってもカメラを持ち歩くのかといったものがありました。
持ち歩かないなんて方がなんと半分程度いたようですよ。
やっぱり今の時代スマホカメラがあればそれで満足しているような人がたくさんいるようです。
今はスマホの画質だってどんどん上がってきています。
カメラを持ち歩くなんて事がなくなるような時代もくるかもしれませんね。
日頃スマホカメラ以外にカメラを持っている人も少ないんだなと感じました。
もしかしたら、本当にすごく綺麗に撮影をしたくて一眼を持っているような人ぐらいかもしれませんね。
もう最近ではデジカメなんかも目にする事が少なくなってしまったような気がします。
スマホカメラもこれから一眼のように綺麗な撮影が普通になってくるようになるかもしれません。
そうなればカメラがこれからなくなったりもするのでしょうか、、、、。最新テクノロジーのスマホカメラ