「URBANO V03 」のスペック

Filed Under (未分類) by admin on 01-11-2017

スマホを初めて持つ人は不安になりますが、そんな不安を感じさせないのが「URBANO V03 」です。
初心者でも簡単に使い始めることができますので年配の方を中心に多く使用されています。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約72ミリ、高さ約145ミリ、厚さ約8.9ミリ、重さ約137gになっています。
カラーバリエーションはブリティッシュグリーン、ローズピンク、ロイヤルブラックという魅力的な3色が用意されています。
バッテリー容量は2,600mAhという大容量バッテリーを搭載していますので長時間使用でも安心でしょう。
ディスプレイは約5インチのTFT液晶ですし、1,280×720(HD)解像度ですので美しい映像などが楽しめます。
カメラは約1,300万画素のメインカメラと約500万画素のサブカメラを搭載していますので撮影が苦手な人でも上手く撮れるでしょう。
騒がしい場所でも聞き取りやすくなる「スマートソニックレシーバー」や、落下に強い耐衝撃と防水機能や防塵機能も付いていますのでいつでもどこでも安心できます。

「AQUOS U SHV37 」のスペック

Filed Under (未分類) by admin on 21-09-2017

スマホを長時間使用する人に良いのが「AQUOS U SHV37 」です。
ディスプレイがシャープ独自の技術で省エネを実現させたIGZOディスプレイですし、2,700mAhという大容量バッテリーを搭載しているからです。
更に電力消費を抑えて電池を長持ちさせる「長エネスイッチ」も付いていますので安心です。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約71ミリ、高さ約143ミリ、厚さ約8.3ミリ、重さ約137gになっています。
カラーバリエーションはライム・ゴールド、プラチナ・ホワイト、ピンク・パウダー、メタル・ブラックの4色が用意されています。
ディスプレイサイズは約5インチでシャープ独自のバックライト&カラーフィルタによって色鮮やかに表現してくれます。
カメラは約1,310万画素のメインカメラと約500万画素のサブカメラを搭載しています。
また、防水機能や防塵機能も付いていますのでお風呂でも安心ですし、高音質でクリアなサウンドの音楽も楽しむことができます。
電話の着信などを光って知らせるヒカリエモーションも付いています。

スマホに搭載されるセキュリティ機能も使う

Filed Under (未分類) by admin on 07-09-2017

スマホがウィルス感染すると様々な情報やデータなどが漏れてしまいますし、最悪の場合は乗っ取られて金銭的な被害を受けることもあります。
ですので、スマホにはセキュリティ対策が必要となるのですが、まずは紛失や盗難などによるセキュリティ対策を行ってみましょう。
これはスマホに搭載されているセキュリティ機能で行うことができます。
スクリーンロック機能が付いていれば画面をロックすることができますので安心です。
もし紛失や盗難にあってもロックが解除できなければ何も操作することができませんので必ずスクリーンロック機能は利用してください。
このスクリーンロック機能があってもウィルスの侵入による被害は避けることができませんので、この場合はセキュリティ対策ソフトを利用しましょう。
特にスマホで通販やネットバンキングをする人はパソコンで利用されているような有料のセキュリティソフトを使いましょう。
友達などの個人情報も自分が管理しているということを忘れないでください。

“Xperia XZ Premiumのカメラは高画質だが、映像のゆがみが気になるポイント “

Filed Under (未分類) by admin on 25-08-2017

Xperia XZsとも共通ですが、積層型CMOSセンサーを採用した4Kカメラも、この機種の大きな特徴です。メモリ積層型CMOSセンサーとは、画素と回路の間にメモリを入れることで、データの書き込み速度を上げる技術のこと。ソニーのイメージセンサー部門が、これを開発しました。Xperia XZ Premiumでは、速度が上がることを活かして、「先読み撮影」と「超スローモーション動画」の2つを実現しています。先読み撮影は、動いている被写体を認識すると、シャッターを押す前から自動的に記録を始める機能で、画素と回路の間にメモリがあるため、そこにあらかじめ映像を記録しておけるというわけです。実際に先読み撮影を試してみましたが、撮影されていることを意識してくれない赤ちゃんのような被写体だと、特に効果が高いのです。先読み撮影があったおかげで、何度も撮り直しせず、きちんと正面を向いている写真を撮ることができました。一方で、赤ちゃんを撮ったときには、先読み撮影が有効になることと、ならないことがあります。明確な違いは分からないのですが、改めて撮った写真を確認してみたところ、2回に1回は先読み撮影が有効にならず、横を向いた写真になってしまっています。閾値を緩めにすると、無駄に先読み撮影ばかりになってしまうおそれもありますが、ある程度ユーザー側が設定できるとうれしいと感じました。

声で操作できるとなにが可能になる?

Filed Under (未分類) by admin on 23-08-2017

すでに開発競争が激化している音声認識デバイスの分野ですが、実際に声で操作ができるデバイスが浸透することで私たちの生活はどのように変わるのでしょうか。一つは、音声による操作の一元化があります。私たちの部屋を見回してみると、エアコン、テレビ、照明といったように、それぞれの機器に特化したリモコンが複数あるのですが、こうした機器がひとつの音声認識デバイスで操作できるようになれば、まずはリモコンが不要になるのです。また、いままではテレビはテレビ、HDDプレーヤーはHDDプレーヤーといったように個別に操作していた機器がすべて連動することも可能になります。「さあ、映画をみるよ」と声を上げるだけで、テレビが自動的にオンになり、プレイヤーが映画を選ぶと、照明がその内容に合わせた雰囲気に調整され、スピーカーはテレビの前にいる家族の場所を認識して音響空間を作り出すのです。それらすべてが、ユーザーが意識せずに自動的に行われるということです。こうしたホーム・オートメーションは、単純な便利さだけにとどまらず、たとえば介護分野での自立支援といった面でも期待されています。キーボードが消え、声が操作の主役となるということは、ユーザーがコンピューターやその操作に精通していなくても動かせるということなのです。

スマホカメラがあればこれからカメラも不要に

Filed Under (未分類) by admin on 12-08-2017

スマホカメラがあればある程度綺麗な写真を撮影する事は難しくありません。
今はスマホカメラがれば普通のカメラなんて不要と考える人が多くなってきています。
最近デジカメなんかを持ち歩く方が結構珍しかったりするかもしれませんね。
スマホカメラについてのアンケートで、スマホカメラがあってもカメラを持ち歩くのかといったものがありました。
持ち歩かないなんて方がなんと半分程度いたようですよ。
やっぱり今の時代スマホカメラがあればそれで満足しているような人がたくさんいるようです。
今はスマホの画質だってどんどん上がってきています。
カメラを持ち歩くなんて事がなくなるような時代もくるかもしれませんね。
日頃スマホカメラ以外にカメラを持っている人も少ないんだなと感じました。
もしかしたら、本当にすごく綺麗に撮影をしたくて一眼を持っているような人ぐらいかもしれませんね。
もう最近ではデジカメなんかも目にする事が少なくなってしまったような気がします。
スマホカメラもこれから一眼のように綺麗な撮影が普通になってくるようになるかもしれません。
そうなればカメラがこれからなくなったりもするのでしょうか、、、、。

自分のスマホが何GBの外部メモリに対応しているかを確認

Filed Under (未分類) by admin on 30-07-2017

Xperia Z2、ZL2、Z3の内蔵メモリ(ROM)は32GBです。ハードな使い方をしなければ全然事足りてしまいます。しかし2070万画素カメラでの撮影や、4K動画を思い切り楽しむために大容量のmicroSDカードは必須。Xperia Z3 Compactの内蔵メモリ(ROM)は16GB。アプリや画像、音楽を保存するだけですぐに容量は一杯になってしまうはずです。16GBのmicroSDカードをプラスするだけで、Z3と同じメモリ容量を実現させることができます。Xperia Z3やZ3 Compact、Z2やZL2 SOL25は128GBのmicroSDXCカードに公式対応しています。高速・大容量の書き込みが必要な4K動画撮影ができるスマホ、というのが理由のひとつです。2013年10月発売のXperia Z1 SOL23は、推奨最大容量が64GBです。ご自身のスマホが何GBのmicroSDカードに対応しているかを把握して、製品を購入します。できるだけお金をかけず、それなりの容量をプラスしたいなら32GB。3千円前後なら惜しくないという方は64GBを買えば満足できるはず。4K動画撮影・ハイレゾ音源再生など、ファイルサイズの大きなリッチコンテンツを思う存分楽しみたいなら128GBを購入してください。私も128GBを愛用中です。ちなみに世界最大容量のマイクロSDカードは200GB(2015年11月現在)。XPERIA Z5シリーズが200GBに公式対応しているスマートフォンです。

タッチペンを選ぶポイント1:「ペン先の素材と形状」

Filed Under (未分類) by admin on 19-07-2017

タッチペンのペン先には下記の素材が使われていることが多く、それぞれ書き味が大きく変わります。ペン先の素材が同じであれば、書き味も似ているため、自分の好みのタッチペンがあれば、そのペン先の素材を使った製品の中から選択するのがポイントです。(1)ゴム(2)繊維(3)樹脂(4)ディスク 比較的安価な製品には、導電性の「ゴム」が使われていることが多く、ある程度の筆圧をかけないと認識されず、それ以下になると急に線が途切れるという特性がありmさう。耐久性では、他の素材よりも劣ります。「繊維」は、導電性の繊維を編んで作った素材でペン先が覆われていて、ゴムよりも滑りがよいです。耐久性もゴムよりは上ですが、価格も上です。「樹脂」はペン先が細いため、書いている位置がよく見えます。ペン先から静電気を発生させて、タッチスクリーンに認識される仕組みを取っている場合が多く、比較的高価な製品が多い。耐久性は高く、耐摩耗性90km以上を保証する製品もあります。筆圧感知機能を備えているタッチペンは、ほぼ樹脂製ペン先だと考えていいでしょう。「ディスク」は、導電性の透明樹脂素材を平らな円盤の形状でペン先に取り付けたものです。タッチスクリーンに安定して接するため認識されやすい。ペン先もよく見えます。また、導電性の繊維を筆状にしたペン先のタッチペンも存在します。iOS 8ではディスプレイに触れている面積を認識できるので、強く押し付けて広い面積で触れさせれば太く、先だけで触れれば細くといった強弱が付けられます。これをアプリ側で処理することによって、筆で書いたようなタッチを実現できるのです。

最新スマートフォンの「G6」は大型ディスプレイが魅力

Filed Under (未分類) by admin on 30-06-2017

スマートフォンを持っている人の中には、そろそろ機種変更しようと思っている人もいるのではないでしょうか。
次から次へと最新スマートフォンが発売されていますので、どの最新スマートフォンに機種変更すれば良いのか悩みますよね。
そうした悩みを抱える人に参考にしてもらいたいのが「LG電子」の「G6」という最新スマートフォンです。
この最新スマートフォンの魅力は大型ディスプレイにあります。
約5.7インチの大型ディスプレイを搭載していますので色々なことを大画面で楽しむことができますし、アスペクト比が18:9になっていますので一般的なディスプレイよりも表示スペースが多く確保されています。
ですので、ゲームや動画の閲覧などでの没入感が高まっていますので他のスマートフォンでは感じられない世界を体験できると思います。
さらに、大型ディスプレイを搭載しているのに持ちやすさが抜群ですので誰でも扱いやすいスマートフォンと言えます。
それに、「Dolby Vision」と「HDR 10」にも対応していますので、様々なHDRコンテンツも楽しむことができます。
このような最新スマートフォンには高性能カメラも搭載されていますので、撮影した写真や動画を大画面で楽しむこともできるでしょう。

アンノーンなんていつの話?

Filed Under (未分類) by admin on 19-06-2017

ポケモンGOに関連する情報サイトって、ネット上に溢れかえっていますよね。しかも、どのサイトも結構中身は正確^^なので、けっこう重宝しています。

あるサイトは雑誌社が提供しているサイトなので、その中でも信用度も高いんです。そして、海外で実装されていたり、推測されている情報も掲載されるのでなかなか興味深く読んでいます。今日、そのサイトを覗いてみると、アンノーンについての情報がありました。

アンノーンってアルファベットにちなんで24種類いるそうで、1匹捕まえることができたとしても、それで満足してはいけないとのこと^^それがさらに!と?が増えて26種類になったようだ、と伝えているんですよね。

数多いポケモンGOトレーナーの皆さんの中でも、アンノーンをたくさん捕獲している人って少ないのではないでしょうか?わたしですか?勿論、1匹も捕獲したことありません^^捕獲どころか見たことすらありませんからね。26種類集めるなんて、一生かかっても無理だわ~。。